屋内位置調査(IPS)サービス

倉庫における IPS (屋内位置情報システム) 
倉庫における IPS (屋内位置情報システム) 

 工場や倉庫で或いは病院や施設で、人やモノの位置を測定するシステムは、屋内位置情報システム ― Indoor Posiotioning System(IPS) と呼ばれます。IPSには WiFiや地磁気を利用するものなどいくつか種類がありますが、Bluetooth Low Energy(BLE) 規格に基づく iBeacon を使用した IPS は小型、低電力で比較的低価格で導入できるシステムで、当社の IPS はこれに基づくものです。

 

 iBeacon によるIPSは位置測定を行うにあたり、 ibeacon が発する信号の RSSI(Received Signal Strength Indicator)を基に受信機からの距離や位置座標を算出します。しかし、iBeacon(BLE) の電波は 2.4GHz帯を使用しており、同帯域を使用するWiFi など他の電波の干渉を受けやすく、人や壁などの障害物による影響も受けやすいという弱点があります。

 

 つまり、iBeacon IPS の導入に際しては、運用を予定する環境で必要な位置情報精度が得られるのか否か、予め検証を行う必要があります。この事前検証を行わずに導入や開発に着手してしまうと、期待した精度の位置情報が得られず、プロジェクトが失敗する可能性が高くなります。

 

 当社では、IPSの導入を検討中の企業、あるいはすでに導入済みで必要な位置精度が得られていないという企業に対して、当方のIPSプロトタイプを使用した調査サービスを提供いたします。

 

サービス一時停止のお知らせ

屋内位置調査(IPS)サービス一時停止のお知らせ

 

 好評を頂いております本サービスですが、プロトタイプのアップグレード開発を行う為、当面の間、サービスの提供を停止させて頂きます。ご不便をかけ申し訳ありません。

 具体的なアップグレード内容ですが、旧バージョンでは下図左のようにビーコン信号の受信端末を碁盤の目状に配置することを前提としましたが、新バージョンで端末の配置の自由度を上げ、以下を実現する予定です。

 

  1. 位置測定精度の向上
    端末を升目の中央に追加すること(中心+配置型、下図参照)により、端末と検出ビーコン間の距離を短縮して RSSI の精度を向上させ、さらに位置測定の精度を向上させます。
  2. 端末の削減
    端末個数を削減し、システムのコストと管理負担を削減したいというお客様にとっても、図の「中心+型」は有用です。正方形に配置された端末間の距離を広げる代わりに中央に端末を配置することにより、測定位置精度を大きく損なうことなく、端末の削減を行います。
  3. 柔軟な運用
    新バージョンでは、端末配置を一定の範囲で自由に構成できます。例えば、図の正三角形型配置は、長く狭小な場所に適しています。

 

 新バージョンについては、適時、本サイトおよび当方のBlogにてご案内差し上げます。

 

屋内位置情報システム(IPS)の新プロトタイプのイメージ
屋内位置情報システム(IPS)の新プロトタイプのイメージ

サービス内容

  • 本サービスでは運用を予定する場所・建物にお伺いし、当社のIPS(室内位置情報システム)により位置測位を行います。
  • iBeacon や受信機(Raspberry Pi)、PC等のシステム一式は当社にて用意します。
  • 調査当日は、iBeacon(数十台)とRaspberry Pi (9台)を御社指定場所に右図のように配置してスキャンを実行。得られたスキャンデータを当社が開発した IPS・tpctrilat.js により展開し、ブラウザ上に各ビーコンの測定位置、実際位置、誤差、端末⇔ビーコン間距離などを表示します(下図)。

【tpctrilat.js により描画したビーコン位置データ

  • スキャンデータ(UUID、RSSI、計測座標等)はCSV形式で提出いたします。

 

本サービスに関する詳細や見積については、こちらよりお問い合わせください。

 

 

[関連Blog記事]