F1 WebDirect 対応在庫管理システムを作る(対象者:中級、7時間×1日)

【講習概要】

FileMaker の WebDirect (Webブラウザから直接ビジネスソリューションを実行できる機能)によるシステム構築方法を、既存の在庫管理システムをカスタマイズしながら学んでいく中級者向けコースです。 

 

具体的には、土屋企画製品のテンプレート「FMEasy在庫 IWP/WD R1.5」をお手本とし、商品及び出庫入力画面、一覧画面を作成しながらの開発手法を学んでいきます。

 

本講は WebDirect に特化した開発手法を学習するためのコースであるため、テーブル/フィールド/リレーション/レイアウト/スクリプト/アクセス権限といったFileMakerの基礎知識や、在庫算出手法については、あまり時間をとりません。 

FileMaker の基礎知識に不安がある方は「A1 基礎I:FileMakerで請求書システムを作る(対象者:初級)」、「A2 基礎II: FileMakerで請求書システムを作る(対象者:初級)」を、在庫管理そのものについて学びたい方は「D1 FileMakerで在庫管理システムを作る(対象者:中級)」の受講をご検討ください。 

 

また、受講者の方には「FMEasy在庫 IWP/WD R1.5(開発版)」が1ライセンス、無償供与されます。

【講習内容】

  • FileMaker 13 で導入されたWebDirect とは?
  • WebDirect を導入するメリット・デメリットについて
  • WebDirect 導入の目安
  • Webブラウザの互換性
  • WebDirect の開発で気を付ければならないこと
  • FMEasy在庫の構造 ― 分離モデルについて
  • 商品を検索する
    • 検索モードを利用した検索
    • 検索結果をリスト表示
    • 検索支援機能を作る
  • 出庫画面
    • 検索支援機能を流用し、商品の入力支援機能を作る
  • WebDirect 環境下での印刷
    • ブラウザの印刷機能を請求書を印刷する ― 一筋縄ではいかない印刷
    • FileMaker Robot による印刷/出力
  • ソルーションを公開する
    • アクセス権限を設定する
  • IWP vs WebDirect
    • ブラウザ高互換性と軽快性のIWP、FileMaker再現性の高いWebDirect

 

注:講習内容は予告なく変更されることがあります。予めご了承ください。

【到達目標と作成する画面】

 本講を通じて、以下のサイトでご紹介する『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』と同等の機能をWebDirectで運用できるようになることを目指します。

 

 

本講でサンプル(お手本)として使用する『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』では、FileMakerアプリ用の画面と WebDirect 用の画面を共用画面として作成しています。

保守性、開発効率の面では、出庫という1つの機能は1つの画面に集約すべきですが、その場合は WebDirect で表示させたときに極端にパフォーマンスが低下しないように工夫する必要があります。

FileMakerとWebDirect、この2つのプラットフォームに最適化されたアプリを作成するには、個別に画面を用意した方が良いこともあります。

逆に、リストレイアウトや単票(帳票)レイアウトについては、デスクトップとWebでレイアウトを共用し、保守性や開発効率を高めることも可能です。

 本講ではFileMakerアプリとWebアプリとの違いや、両アプリ間でのスクリプトの共用についても焦点を当てます。

 

 

商品の検索・入力を迅速に行うための画面。

関連フィールドを使用した値一覧(動的値一覧)はマスタデータの件数が多くなると機能しません。そこで、商品検索の画面を用意することにより、出庫・入庫の画面で商品を迅速に登録できるようになります。この画面は様々な伝票で商品を選択登録する時のみならず、商品画面での検索支援にも利用できます。

さらに、ここで使用されているスクリプトは、得意先や仕入先の検索・入力にも応用できます。

 

 

※商品検索・入力支援画面の詳細は、こちらのブログ記事をご参照ください。

 

【講師より】

 FileMaker 13 以降に搭載された WebDirect により、Web ブラウザ上で FileMaker Pro レイアウトがほぼ忠実に再現されることに驚かれた方も多いことと思います。

 

 WebブラウザにFileMakerクライアントと同等の操作性を提供し、各コンピュータにアプリをインストールする必要が無いということも WebDirect の大きな魅力の一つです。

 しかし、一見便利なWebDirect も過度の期待ばかりでその制約を予め認識しておかなければ、プロジェクトは失敗してしまいます。

 本講では、WebDirect の業務への適合性を説明するとともに、実用に即した開発方法をご紹介していきます。 

 

なお、本講受講者に無償提供される『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』は WebDirect はもちろんインスタントWebにも対応しています。

 

(亀澤)